2012年02月14日

住所地名のアイヌ語とその意味と誇り

知床へ向かって走るドライブ道路。その道路沿いにはいくつかの町や集落が点在する。

最近は市町村合併で新しい町の名前や市の名前が生まれている昨今、いろいろな思いをこめて付けられる新しい名前の住所が誕生している。

知床、斜里町では現在はまだ合併の予定はないが、今回の合併で、地域の名前について考える機会が多かった。 

知床の地名は、自然景観とその環境、そして音が魅力だ。

なぜなら、その地名、住所のほとんどがアイヌの人たちが付けた名前に由来するからだ。

斜里から知床まで、住所として登録されているいくつかの地名を紹介しよう。

住所と区切ったのは、地名や河川名を入れるとここではとても紹介しきれないから。

それほど、知床半島にはたくさんのアイヌ語の地名が残っている。

  • 斜里(シャリ)サル 葦原 この意味からも斜里平野、斜里川の河口付近には葦が茂っていたことが分かる。
  • 以久科(イクシナ)エクシナペッ そこを突き抜けている川現在も残る幾品川沿いに広がった集落
  •  朱円(シュエン)シュマトカリ 石(浜)の手前、円は斜里の開拓でも歴史が古く、道路沿いの樹木防風林や学校敷地内の桜は名所になっている
  •  真鯉(マコイ)マクオイ 奥深いところ、現在は酪農を行っている牧場であるが、別ページにも掲載されているように義経の伝説もあるところ
  •  ウトロ(宇登呂)ウトルチクシ その間を我々が通る、以前は漢字が使われていましたが、現在は学校名も含めてカタカナ表記になりました
  •  岩尾別(イワオベツ)イワゥペッ 硫黄川、戦前は「岩宇別」と書かれていた

最近ではあまりアイヌ語の地名は使われなくなったが、ここ知床ではまだまだ、地元の人たちもアイヌ語の地名を使っている。

もう、わざわざ和名にする必要もここにはない。

そんな地名がたくさん残っていることが知床の誇りでもある。(さ)


東オホーツク百の話 at 21:45 | PermalinkComments( 0 )TrackBack( 0 )

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メール:
評価: