2012年03月05日

幻の根北線と越川橋梁(根北峠)

斜里から標津方面に向かって国道244号線を走っていると、やがて道はゆるやかに根北峠へと上り始め、道路を横切る形で建っている巨大なコンクリートの固まりが目に入っている。

越川橋梁(正式名称は「第一幾品川橋梁」)と呼ばれるコンクリートの建造物は、一度もその上を列車が通ることのなかった鉄道橋だ。

越川橋梁は1937年(昭和12)に斜里と標津を結ぶ予定で着工された根北線の一部である。

しかし、根北線の工事は太平洋戦争によって中断。1957年になって、ようやく斜里と越川の間12.8キロを結ぶ越川線が開通したが、過疎地を通る短距離路線のため採算が取れず、開業からわずか13年後の1970年に廃線となった。 

幻の根北線のために建設された越川橋梁は1939年に完成。長さ147メートル、高さが21.7メートルもある巨大な十連アーチ型のコンクリート橋である。

1973年に国道244号線の拡幅工事によって橋脚の2本が撤去されたが、70年近く前に作られたコンクリートの建造物は、今も道路脇で幾重にも連なる美しいアーチを見せている。 

この橋脚の構造上の大きな特徴は、鉄筋を使用せず、コンクリートのみで建造されたこと。

戦時中の物資不足の時代ゆえに鉄筋を使いたくても使えなかったので、このような工法を選んだといわれているが、その代わりに竹を使ったのではないかとする説もある。 

越川橋脚は北海道の開拓時代の暗い記憶も背負っている。

この橋脚は「タコ」と呼ばれた労働者が非人道的な過酷な労働環境の中で完成させた建造物で、記録によるとこの工事による死者は10名以上。

橋脚のコンクリートの中には労働者が人柱として埋められているという悲話もある。 

1998年に越川橋梁は国の登録有形文化財に指定された。戦時中の建築技術の高さを伝える北海道最大のコンクリート鉄道橋は、同時に過酷な労働の中でこの橋脚を完成させた人々の労苦を伝える歴史な遺産として、今後も保存されていくことが決まったのである。(く)


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メール:
評価: