2012年02月27日

コミュニティホールに変身する議場

大空町町議会の議場は、全国から関係者の見学が絶えないユニークな構造である。

なんと議場が、ある時にはコミュニティホールに変身するという仕掛けなのだ。

議場のある役場庁舎は1985年(昭和60)に建てられたものだが、助役を中心にしたスタッフのあいだで「1年のうち議会が開かれるのは2週間程度、それ以外の期間、何の利用もしないのはもったいない」という発想から生まれた。

議場はかつては自治会長の会議や町職員の婚礼にも使われたことがある。そういうコミュニティ施設として活用された。

町長にその話をすると、北欧に視察に行ったときに、自治体の庁舎がそういう機能を持っている町を見た、とすぐさま賛同した。

町民が議場を多目的に活用することによって、これまで近寄りがたい場所だったところに親しみを感じてくれるのではないか。

出来上がった議場は、一見どこの自治体にもある風景であるが、ボタン操作で30分ほどで小ホールに変身する。議長席の床が油圧装置で地下に沈み床全体が横にスライドする。

その後、ステーシ用の床がせり上がってくる。18ある議員席も同じように床とともに地下へ。理事者席も床パネルに乗せて地下へ移動する。この段階で座席なしのフラットな自由度の高いホールになる。

さて、次に座席ありの小ホールにするには、議場後部の壁を開いて5段の固定席を中央に出す。ロールバックチェアスタンドと呼ばれるもので、もちろん電動式で背もたれが起きあがる。

これが85席、ほかに同じような移動席が76席、もともとある傍聴席が34席、合計195席のホールに変身する。すべてが全自動というわけにはいかないが、数人の係員で十分対応ができる。

ここではコンサート、講演会などこれまで住民主催の催しが何度も行われている。1988年には「北海道まちづくり百選」に入選したこの施設を「議事堂文化ホール」と名付けている。(ひ)

 <町議会議場>

 <コミュニティホールで開かれたコンサート>

<議事堂文化ホールの構造図>


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

この記事にコメントする

名前:
メール:
評価: