2007年04月25日

三井農林と北のアルプ美術館のつながり

少し複雑な斜里の市街地であるが、この市街地のはずれに小さな美術館がある。  「北のアルプ美術館」は1992年6月に開館した私設の美術館である。展示する多くはここオホーツクにゆかりのある作家の作品であり、メインとなる展示は山の文芸誌「アルプ」に関連する、直筆原稿、原画が多い。この美術館の建物が、実は斜里町の発展の歴史と大きく関係のある「三井農林」の従業員寮だったのである。

三井農林は1911年(明治44)に斜里で事業を展開し、山林経営を経て、昭和の初めからは畜産や羊毛の生産、酪農や乳製品の生産を手がけるにまでに発展した。当時を知る人からは、年の瀬になると三井農林のバターやチーズを食べた記憶や、毛糸を紡いでいた話を聞くことができ、資料として残っているパッケージや、当時の農場風景は今残っていたならば、さぞかし人気が出たことと思われる。

昭和40年代まで事業は行われていたが、その後、三井農林が撤退し、残った従業員の寮を美術館として利用し、現在に至っている。美術館周りの敷地も整備され、初夏には白樺の林の緑が美しく、季節ごとに楽しめる環境が整えられている。

歴史が浅いといわれるオホーツク、斜里周辺にあって数少ない、古い建物を利用した施設として、これからも多くの人々に訪れてほしい場所である。また、文芸誌「アルプ」の残した精神は「自然との調和」であることから、単に文学や美術に収まらない、意識や精神をくみ取れる場所としても注目したい。(桜井あけみ)

北のアルプ美術館
住所 斜里郡斜里町旭町11-2
  0152-23-4000
URL: http://www.alp-museum.org/

<建物も庭もステキな美術館は四季の変化も楽しい>

<今も残る三井の迎賓館はその当時の名残をとどめる>


2007年04月13日

戦争遺跡トーチカ8ヵ所のなぞ

網走市郊外藻琴市街をぬけて北浜へ向かう方向、左側の砂丘に頭頂部を出しているのが「浜藻琴トーチカ」と呼ばれている戦争遺跡である。トーチカ群の中で唯一見学でき、市内学校の児童が見学する。

トーチカというのは、ロシア語でコンクリートで造った防御陣地のことだ。網走市内に戦時中に構築されたトーチカ跡が8カ所ある。1943年(昭和18)から1945年ころまでに、なぜトーチカが構築されたのか。

太平洋戦争の敗色が濃くなるにつれ、アメリカ軍の日本本土上陸作戦が懸念されるようになった。北海道では太平洋沿岸だけでなく、オホーツク沿岸への上陸も予想された。これを防ぐために日本軍が網走の海岸線にトーチカを造ったのだ。

網走歴史の会は、トーチカの確認発掘作業を進め、市内に8カ所のトーチカを確認した。

  1. 二つ岩トーチカ 元オホーツク水族館裏(崩壊してコンクリート塊だけが残る)
  2. モヨロ貝塚トーチカ 貝塚裏の海岸近く(かつて形が残っていたが、整地され水産会社敷地になっている)
  3. 帽子岩トーチカ 帽子岩の根元(現在もほぼそのまま残されている)
  4. 台町トーチカ シーサイドホテル下の崖(崖の工事のため現場に行けないがほぼ残されている)
  5. 知人岬トーチカ 台町しおさい公園の端(完全保存されているが軍の施設跡と思われる)
  6. 鱒浦トーチカ 鱒浦国道付近の保安林にある(二階造りのもの)
  7. 原生牧場トーチカ 原生牧場レストランの裏(トーチカ跡の石碑がある。二階造りのもの)
  8. 浜藻琴トーチカ 藻琴から北浜へ向かう海岸(地上から頭を出している見学可能だが要注意)

浜藻琴トーチカの構築には、地元民もかり出されたという。恩根内のAさんは17歳当時夏の暑い時期に労役に呼ばれ、裸になって土を運ぶもっこを担いだ記憶を語っている。しかし、完成してからは軍によって立ち寄ることが禁止され内部がどのように造られたかも知らなかったという

これらのトーチカ群は1945年(昭和20)の敗戦と共に、軍の部隊が撤退したため、書類や図面の一切は残っておらず、どのような目的で構築されたのか、詳細は不明である。

太平洋戦争末期には、敵の上陸作戦も予想され、オホーツク沿岸も戦場となる可能性があったことを考えると、歴史の証拠として保存されなければならない。(菊地慶一)

<鱒浦のトーチカを掘る>


2007年04月09日

地図にはないオホーツクの村からの提案

小清水町の止別川沿いにひろがる雑木林の中に「オホーツクの村」はある。ここは地図には表示されていない村だ。つまり、架空の村なのだが、村民たちは日本全国に確かに存在している。

二十数年前、現在「オホーツクの村」がある雑木林を伐採して畑にする話が持ち上がった。オホーツク海にほど近い場所にある森は原生林ではなく、北海道のどこにでもあるシラカバ、ヤチダモ、カラマツなどが植生する人工林。しかし、そこには多くの種類の野鳥とキタキツネ、エゾリス、モモンガなどの動物たちが暮らしていた。

「貴重な自然ではないけれど、人の営みの近くにある身近な自然を守ることはできないか」と立ち上がったのは、映画「キタキツネ物語」の動物監督を務め、多くの著書を持つ獣医の竹田津実さんを中心と地元の有志たちである。そして「小清水自然と語る会」を結成し、雑木林を買い取るための資金を広く全国に募る。日本のナショナルトラスト運動の先駆けとこの試みは多くのメディアに取り上げられ、寄せられた賛同資金によって、止別川沿いの森は買い上げられ「オホーツクの村」が誕生した。村民は賛同資金を寄せてくれた日本全国の人々である。

当初は「動物たちの暮らす、ありふれた自然の保護」を目的とした「オホーツクの村」の活動は、やがて「自然の復元と生産」という目標にステップアップしていく。

「人が自然に踏み込むだけで、何からのダメージを与えてしまいます。例えば、登山やカヌーなどで自然を楽しむことは、同時に自然を消費することなんです。世界遺産に指定された知床でも多くの観光客が押し寄せることによって、自然は消費されているでしょう。『オホーツク村』では自然を保護するという立場から一歩踏み出して、消費に見合う自然の復元の生産をしようと活動しています」と村長を務める加藤利久さんはいう。

そのため「オホーツクの村」では計画的に植林を実施し、さらにエキノコックスの駆虫薬を散布する活動も行っている。動物を媒介に人にも感染するエキノコックスを駆除することで、農民の健康を守り、同時に農産物の安全を確保し、風評被害を未然に防ぐのが目的だ。

「オホーツクの村」では身近な自然を守ることの大切さを子どもたちに教えるためのセミナーも開催している。集まった子供たちは森の中の散策路を駆け回り、ツリーハウスに登って歓声を上げ、セミナーハウスの前の人造湖でカヌーを体験する。

「いきなり子どもたちに自然を保護することの大切さを訴えても説得力がありません。まず、身近な自然の中で遊ばせて、その面白さや不思議を教えることから始めるべきではないでしょうか。自然の復元と再生という言葉には、森を再生させるだけではなく、人間と自然の関係性も取り戻すことを含んでいます」

かつて日本のどこにでも存在した身近な自然の里山は、人と自然の緩衝地帯として機能し、子どもたちはそこで様々な遊びを覚え、同時に自然の怖さも学んだ。しかし、土地開発によって里山が皆無になりつつある現在の日本では、自然は特別なもの、非日常的な存在になりつつある。「オホーツクの村」の活動は、貴重な自然の保護だけを重視する風潮に警鐘を鳴らすと同時に、これからの人と自然との関わり方に新たな指針を示している。(桑原雅彦)

 

 


2007年04月01日

芝桜公園を作った男

道々網走川湯線を走り、大空町東藻琴市街地を抜けた辺りに、突然ピンク色に染まった小高い丘に出る。この村屈指の観光名所「芝桜公園」である。総面積は約8ヘクタール、東京ドームが2つ入る広さだ。ピンクの色の正体はシバザクラという宿根草の花びらで、これが山一面を覆っている。この芝桜公園を丹念に整備し作り上げた人がいる。

中鉢末吉さんは1918年(大正8年)生まれ。東藻琴でハッカなどを栽培する農家をしていた。ある年、留辺蘂町に住む姉の庭にあったシバザクラを少しもらってきて、自分の畑の隅に移植をしたのがきっかけで、花はどんどん広がっていった。広さが1反(10アール)くらいにまで広がると、村の人たちにも評判になった。

そんな時に、当時ユースホステルを経営していた温泉管理公社から、ユースの裏山にシバザクラを植えてほしい、という依頼がきた。1976年(昭和51年)58歳になっていた中鉢さんは農業をやめ、公社の職員として、毎日毎日シバザクラの植え付けをする生活に変わった。といっても丘の斜面は平均30度くらいの傾斜、場所によっては45度という険しい斜面である。そこには当時は一面ダケカンバ、クマザサ、トクサが生い茂っていた。これを少しずつ開墾していくのだから、未開の北海道に入植した人たちと同じような有様だった。急斜面だから機械や馬も使えない。

開墾し新しい株を植え付けし、前に植えた株の周囲の雑草を抜き、肥料を与えるといった作業を春から秋まで続けて1年が終わる、という生活が続いた。そして1984年(昭和59年)芝桜公園としてオープン、この年の入場者は約1万人であった。

 

 

 

 

 

<中鉢末吉さん>

シバザクラは和名で学名はフロックス・スプラータという。もともと日本にあった植物ではなくハナシノブ科の北米原産の宿根草である。背はあまり伸びずに地をはうように四方に広がる性質がある。1年中緑の葉をつけて、東藻琴では5月中旬から6月上旬に花の見頃を迎える。桜の形をした1cmほどの小さな花だが、8ヘクタールの広さに一面に咲きそろうと壮観である。(疋田義久)