2010年01月25日

クリオネ騒動は北浜海岸から

今や流氷の海と言えば、クリオネというほどの有名人?ではなく有名生物となった。

学名ハダカカメガイはね巻き貝の一種で、貝殻を身につけていない裸の姿なのだ。左右に張り出した翼のように見える足で水を掻くから翼足類と言い、冷水性の動物プランクトンである。貝殻が退化して素っ裸という状態だから真っ赤な内臓が透けて見える。

「涼やかないのちと言えど流氷下クリオネの胸いってきの赤」という短歌を女性が詠んでいる。 クリオネという名は、ギリシャ神話「海の妖精」からきているが、かわいらしさで言えば、「流氷の天使」の方が愛称にふさわしい。

流氷の天使とは、オホーツク水族館(閉館)の本間保館長(故人)の命名だが、ある時ドキリとする話を聞いた。
「クリオネは妖精というより怪物ですよ。見ていると頭の部分が開いて、6本のかぎ型の触手がのびて、エビの幼生をつかまえて食べるんです」なるほど美しいものは恐ろしいものを隠している。

<クリオネ>

ところで、クリオネは10年少し前、突然のように登場した。ある年の2月中旬、北浜の主婦Hさんは日課の渚歩きをしていた。

岸近くに取り残された流氷が 浮いていて、水面に打ち寄せられたコンブが一本浮いている。夕食のおかずにしようと思いつき、コンブを引き寄せた。コンブの表面に小さな赤いものがついて いる。何だろうと持ち帰って隣家に見せていくと、駐在所のお巡りさんがお茶を飲んでいて、これは…ということで水族館に通報した。

水族館から職員が飛んで きて、クリオネを採取したことから騒動は始まった。深海にいると思われていたいクリオネが渚ででも採れるということで、市民のクリオネ採りが始まってブー ムとなったのである。

当時はインターネットの通信販売で、つがいが3,000円とか、1万円とかで販売されたという。美しいものには欲もからむのだろう。それにしてもクリオネ発見が、「夕食の糧」にという主婦感覚だったことが面白い。(き)

<クリオネすくいの市民>


2010年01月22日

能取湖はコマイ、アサリだけでなくクリオネまで

釣り好きの友人からの携帯が鳴って、能取湖のコマイ漁の調子が好いと言う。車にスキーを積んで湖岸に向かい、そこからスキーを履いて氷上2キロ先の釣り現場に向かう。釣り人たちはスノーモビルで釣り場まで走るのだが。

現場に着くと、色とりどりの小型テントが氷上に設置されている。中に釣り穴が掘られてあり、石油ストーブ、ラジオ、飲み物などを用意しての小さな男の城が作られている。雪が降っても多少の風が吹いても、ひとり気長な釣り三昧は、まさに俗世を抜け出したような境地である。

テント内部の釣りでは、チカ、キュウリがかかるが、コマイは表の氷上で位置をずらしながら、釣り穴をたくさん掘っている。そこにミニ釣り竿を仕掛けて置く。15本から20本も仕掛けて、時々テントから出て点検に歩く。夕刻になると釣り糸を垂らしたまま、スノーモビルで岸に戻る。

翌朝、現場に行って釣り穴の氷を割って、仕掛けた釣り糸を揚げる。任されて釣り糸を揚げて見る。どの穴の糸にも2、30センチのコマイが掛かっている。中にはダブル、トリプルで掛かっているのだ。コマイは日中より夜間に回遊するらしく、朝になるとたいていの穴に獲物が掛かっているのだ。だが、どの位置にどの間隔で釣り糸を仕掛けるか。回遊を予測して、糸や針の大きさ太さ、垂れる深さを加減するのが釣り師の腕前で、当然釣果にも大きな差がつくのである。

<冬の能取湖で氷下の釣りをする>

<大型のチカやキュウリが釣れていた>

能取湖は周囲35キロメートル、面積58平方キロメートル、水深の平均は8.6メートルの海跡湖で、汽水湖であるが、海水の流入が多いため、アサリ、シジミ、ホタテ、ツブ、ホッキ、カキ、の貝類が豊富で、チカ、キュウリ、コマイ、カレイ、ニシンなどの魚類も多く、資源豊かな湖である。しかも。秋9月になると日本一のサンゴ草の群落が、湖畔を真っ赤に染める。

昨冬、友人がクリオネ数匹を持参してくれた。能取湖の釣り穴をのぞいたら、クリオネが泳いでいたのだという。流氷到来と共にやってきたクリオネが、海水の流入と共に湖に入ってきたのだ。クリオネは数日飼育してから、網走港の氷のすき間から海中に放してやった。 (き)


2010年01月15日

流氷は到来でなく襲来であった

1902年(明治35)3月7日の「北海道廳告諭」というのがある。告諭とは文字通りお役所が民に「告げさとす」ことだ。

内容をわかりやすく書けば、『この冬稚内網走航路は例年に比べて流氷の襲来が意外に早くて、欠航も止むを得なかった。そのためオホーツク沿岸の地方人は、冬越しの米や塩が不足し大変な困難にあった。これは予想外のことだけれど、地方人が冬の航海に頼らず冬に入る前に越年の準備をしておくべきである』
というものだが、最後に「今日ノ惨況ヲ踏マザル様篤ク心得置クヘシ」とある。北海道庁長官 男爵 園田安賢の名で告諭されたものである。

告諭されたオホーツク沿岸の人々にとっては、流氷という自然現象に立ち向かうすべはなかった。流氷はこの明治の時代から昭和30年代まで、恐ろしいものであり嫌われ者であった。告諭の言葉のように、流氷は襲いかかってくるもので「襲来」であったのだ。

調べて見ると、この年(明治35)早かった流氷は枝幸の沖合を覆った。小樽からの定期船が物資を満載して枝幸に向かう予定だったが、出航を停止した。枝幸の米屋の在庫は3月の海明けまでは無理になった。その噂が広まり住民は米を買い求めようと走り回る。米屋は品切れと言って販売を拒む。不穏な空気に警察は米屋の倉庫を抜き打ち検査する。米騒動に一触即発の状況になったという。
 
冬の食糧米を越年米といった。この確保いかんでは飢餓につながるのが、当時のオホーツク沿岸の実情だった。この時の米騒動は米穀商の三浦重吉という人が、漁船三隻を雇い流氷の間を縫って枝幸港へ白米二百俵を輸送し、多額の損失を出しながらも住民の急を救ったという話が伝えられている。(頓別村発達史)

この話のような越年米の不足は度々網走でも起きたようである。(き)

<昭和30年頃の大流氷塊>

<北浜海岸の流氷山脈>


2010年01月05日

斜里という街

斜里町は、人口14,000人の小さな町である。シャリと言う名前もアイヌ語の「シャリsari 葦原」の意味から来ている。現在広がっている広大な斜里平野も大昔は海だったという。

江戸時代から斜里は注目されていた地域であることが様々な文献に残されている。その注目された理由は、日本の近代化に欠かせない資源に寄るところが大きかった。

明治、大正時代は木材景気。木材がなくなった平野では澱粉の生産、昭和になると知床半島の硫黄の産出。この街の発展は日本の近代化に沿っての発展であったと思う。

戦後の高度経済成長の恩恵として斜里とウトロの道路が開通した頃から斜里の大きな産業に加わることとなる「観光」がクローズアップされた。

昭和35年(1960)に知床を舞台とした映画「地の涯に生きる者」のヒットから一躍全国的に有名になり、知床ブームが始まった。大挙して押し寄せる観光客。さらに知床が国立公園に指定され、「知床旅情」がヒットして知床の名前は全国区になっていった。

年間170万人の観光客を受け入れるのは斜里町ウトロである。ウトロの人口は斜里町全体の一割。

最近では「知床」と言う名前の方が先行する事も多く、駅名も「しれとこ斜里駅」と変更をした。2005年(平成17)7月に世界自然遺産に知床が指定されてからはさらに注目が高まり、さらに多くの人が訪れる地域となるだろう。

斜里の街は、ほかの地域が抱えている問題と同じく、中心市街地が空洞化する状態が続き、その対策に知恵を出し合っている。

しかし、斜里には豊かな自然と深くつながりのある広大な農地があり、また、オホーツク海の恵みも享受できる環境がある。この環境を守っていくことでこの街の将来展望は広がっていると思う。

ウトロへの通過点ではなく、通過することに価値ある景観づくり、さらには知床へ集中する人の流れを、ゆったりと広がる山麓、田園風景へと誘い込む動きも生まれている。

数々の産業発展の歴史を見てきた斜里の街は、次のステージとして「みどりと人間の調和」をめざしたまちづくりに向けて動き出している。(さ)