2010年08月30日

二つの顔を持つ不思議な道(小清水峠)

<道路脇に立つ標識も、上りと下りで名前の異なるものが立てられている>

小清水町の市街地から、標高千メートルの藻琴山の登山口、展望台からの眺めが素晴らしいハイランド小清水725、藻琴山自然休養林の中にあり高原の自然のキャンプが楽しめるハイランド小清水展望台キャンプ場などがある藻琴山と小清水峠へと続く約23キロの道道587号線(跡佐登小清水線)は、上りと下りで愛称が違うユニークな道である。

2003年、小清水町観光協会は「この道路を町内にある『じゃがいも街道』のように親しみのある道に」と愛称を公募。全国から寄せられた約百通の愛称の中から選考の結果、選ばれたのは二種類の名前だった。

上りが「ハイランド街道」、下りは「こもれび街道」と名付けられ、一本の道で二種類の愛称を持つことになったのは、藻琴山へと向かう上りと小清水市街に向かう下りの景観が異なる印象を持つことを考慮した結果だ。

実際に車で走ってみると、標高差700メートル近くを駆け上がる上りは高原(ハイランド)に向かう道という印象が強く、下りでは原生林の緑の間から差し込む日差しや木々が道路に作る木陰がドライブ中の目に柔らかい陰影を投げかける。

「ハイランド街道」と「こもれび街道」は、春の新緑、夏の高原の風景、秋の紅葉と季節ごとの景観(冬季は閉鎖される)が美しく、上りと下りで異なった表情が楽しめる不思議な道である。


2010年08月23日

ユリの球根にかけた17年

<ユリの花が満開のリリーパーク>

<広大な敷地にユリの花が並ぶ>

国道334号線通称美斜線を小清水町市街から少し美幌方向に行った左手に「ゆりの郷こしみずリリーパーク」がある。起伏のある敷地には白、赤、黄色などのおびただしい数のユリが咲き誇っているのが国道からも見ることができる。このユリ栽培、農家の人たちが集まって事業として展開し始めた起業家のひとつだった。

小清水町の町花はエゾスカシユリである。浜小清水原生花園に代表されるように、もともとこの地方にはユリが自生していたことから話が始まる。

そこに着目したのが本州のユリ栽培だった。平成元年に山中重治さんの畑に委託栽培の契約をしたのがきっかけで、契約農家が少しずつ増えていった。

最初はユリの球根を育てるのが目的だった。だから、花はつぼみの時期にすべて摘み取っていた。ところがある年、つぼみを取らなかったことから新しい展開が生まれる。摘花を免れたユリがその年の夏には当然ながら、畑一面に咲いたのである。その風景を見た栽培農家の人たちは、このユリを観光資源として生かせないか、と考えた。

1997年(平成9)には現在地のすぐ近くの畑3ヘクタールに試験的にまとめて栽培してみると、新聞にその風景の美しさがすぐに紹介された。翌日からユリ畑を見に来る人たちが増え続け、今度は見物人のための駐車場も急いで整備しなくてはならなくなった。ここで栽培農家4軒と商工業者2軒とで「シナジーこしみず」という会社を設立、臼井博さんが代表になった。

そして町との協議で現在地の町有地を借り受け、翌平成10年には本格的にリリーパークとして開園することを決めた。農業者が観光事業に進出したのである。

リリーパークの敷地面積は13haでなんと東京ドーム約3個分の広さがある。そこで栽培されているユリは110種類700万輪といわれている。カサブランカを中心に、ほとんどがオランダからの輸入種で園内のショップではそれらの球根の他、切り花としても販売されている。起伏のあるリリーパーク全体を見て歩くには30分~40分かかるが、高齢者などのためにカートも用意されている。

最初のユリ栽培を始めてから17年、今では年間約8万人の入場者を迎えるに至った事業だが苦労と工夫の連続だった。開園の期間をより長く維持するための早咲きと遅咲き種の組み合わせ、北海道の広さをイメージする園内の花の色の並べ方、秋植えと春植え種の作業など、毎年、敷地のレイアウト図面がすり切れるほど試行錯誤を続けている。

この地で球根を育てると球根に新しい株ができる。これはどうも北海道特有の現象らしくて、輸入した若い球根は3年後には4,5輪の花をつけるように成長する。そういう付加価値を付けた球根を本州の切り花栽培農家に出荷する。リリーパークを訪れる人たちは花を見るために来る観光客ばかりではない。本州の切り花農家が花の実物を見にやって来る。オランダから輸入するよりも、栽培効率のいい球根がここには揃っている。

リリーパークでは期間中、常時25人ほどのパート従業員が働いている。延べの労働力としては5,000人分になる。シナジーとは波及効果、相乗効果というくらいの意味らしい。浜小清水原生花園は6月から7月下旬が花の盛りである。リリーパークの開園は7月中旬から9月上旬。ユリの町小清水町をPRすることによって、さらに球根出荷拡大に向けた取り組みはこれからも続く。(ひ)


2010年08月17日

幽玄で清涼な男鹿の滝


<幽玄にして清涼、男鹿の滝は一見の価値のある滝である>

清里市街から約30キロ離れた山中にあり、林道を10キロ以上走行して、ようやくたどりつく男鹿(おじか)の滝は、清里町に住む人でも「見たことがない」という人がいるほど、山深い場所でひっそりと流れ落ちる滝である。

滝の入り口にある駐車場に車を停めて、川沿いの小径を歩くこと数百メートル。周囲を鬱蒼とした森に囲まれ、昼でも薄暗い山中に忽然と現れる男鹿の滝は、幽玄と表現するにふさわしい姿である。

しかし、流れ落ちてくる滝の水はどこまでも澄みわたり、真夏に訪れると森林浴の効果とあいまって比類のない清涼感が味わえる。

斜里川の支流の最上流部にある高さ約25メートルの男鹿の滝は、流れ落ちる水量が多いにも関わらず、上流に川がないという不思議な滝である。

水源は滝のすぐ上で、コンコンと湧き出す斜里岳からの清涼な銀嶺水。つまり、すべてがミネラルウオーターの滝なのである。

清里町の穴場といえる男鹿の滝だが、訪れることができるのは林道から雪が消える5月下旬ころから。

また、クマが出没する可能性が高いほど山深い場所にあるために朝晩の単独行動は避け、ゴミが出た場合は必ず持ち帰るようにしてほしい。(く)


2010年08月09日

深田久弥と斜里岳

<斜里岳の美しい山容と裾野に広がる清里の街並み>

「斜里岳はかねてからその姿を写真で見て、私の憧れの山のひとつであったが~」という書き出しで、深田久弥の著書「日本百名山」の斜里岳の項は始まる。

1964年に刊行された「日本百名山」は、中高年の登山ブームの根幹を支えるバイブルともいえる名著で、未だに深田が選んだ「百の頂」を全踏破しようとする登山者が絶たない。

1959年8月下旬、深田は初めて斜里岳を訪れる。釧路から汽車で清里町を目指した日は、朝から時々雨も降るようなどんよりした天気であった。

しかし、午後に深田が清里駅に降り立った時、空が鮮やかに晴れ渡り、斜里岳の姿が鮮やかに見えたという。その美しい山容は「日本百名山」の中で「見飽きぬ斜里岳」と表現されている。

翌日の登山で深田は旧道を通り、いくつもの滝を見ながら頂上に立った。

しかし、頂上付近は深い霧に包まれ、残念ながら斜里岳山頂からの絶景は見られなかったようだ。

帰路は上二股から分岐する新道を使い、熊見峠経由で下山した。

上りに旧道、下りに新道を歩くのは、今も一般的に斜里岳で使われる登山ルートである。

初めて深田が斜里岳に登った時、建設されたばかりだった山小屋の清岳荘は、その後の焼失により建て替えられ、当時に比べると清里町内の様子も大きく変化した。

しかし、斜里岳は深田が初登山した頃と変わらぬ美しいシルエットで、今も多くの登山者を魅了し続けている。(く)


2010年08月02日

エゾシカとのおつきあい方法・知床の場合(その2)

<道路には様々な工夫がされているエコロード>

可愛くて楽しいエゾシカを見ながらのドライブも、彼らとの衝突事故でエゾシカがけがをしたり、車に大きなダメージを受けたり、さらには大きな事故に発展してしまう危険性があります。

知床にはこのエゾシカとの接触事故を減らすために、道路沿いにフェンスを設置した個所があります。この区間では過去に何度もエゾシカと車の事故が多発したり、危険性を多く持った箇所でした。フェンスを設けるだけではなく、エゾシカの行動も考慮した道路設計を行いました。斜里エコロードと呼ばれる区間は人と野生動物の共生をめざした道路になっています。

しかし、それだけでエゾシカと車の事故は減りません。私たち人間は彼らの習性を知っておく必要があります。

以下は網走開発建設部から発行されている斜里エコロードの中にある「エゾシカ注意ポイント」からの引用です。

  • エゾシカの活動時間である夕方から早朝と、春と秋に事故が多発しています。
  • エゾシカは群で行動します。1頭が渡ったからと油断すると後続のシカが飛び出すことがあります。
  • 夜間はエゾシカの目がライトに反射して光ります。走行中に光るものを見つけたらスピードダウン!
  • 道路際まで林が迫っている場所や、防風林は動物の通路になっています。エゾシカの横断も多いので、スピードを控えましょう。
  • 山間部を走行中にブレーキ跡を見つけたら要注意!誰かが飛び出した動物をさけようとした跡かもしれません。
  • 道路上ではエゾシカの蹄は滑りやすく、機敏に逃げることが出来ません。道路上にエゾシカを見つけたら減速、徐行しましょう。(さ)

この道路についての詳しい内容は、こちら