2010年08月16日

美幌峠牧場内ウオーキング

「美幌峠牧場内ウオーキング」開催のお知らせです。

日本で一番大きなカルデラ湖として有名な屈斜路湖を眺望できる「美幌峠」。そこには、約300haの草地面積を有する「美幌峠牧場」が隣接しています。



森林ウオークは、近年、観光、癒し、健康、教育の観点からも注目されています。恵まれた大自然と雄大な景観を楽しみながら「美幌峠牧場内ウオーキング」を、体験観光に位置づけ、その定着を図るとともに、魅力溢れる森林等を広く紹介することで美幌地域観光振興に資するとを目的に開催します。

  1. と  き
    平成22年9月12日(日)
  2. 集合場所
    美幌町役場前(午前8:30に無料送迎バス出発、16:00頃 役場前帰着予定)
  3. コース等
    9:30 美幌峠駐車場 スタート
    10:30 湖西山(牧場管理舎) 小休止
    11:30 峠牧場管理棟施設 ゴール (総距離 約7㎞)
    昼食(ジンギスカン)・抽選会やゲームなどを行います
    13:30 美幌峠レストハウスへバスで移動
    14:00 美幌峠秋風コンサート鑑賞
  4. 対 象 者
    小学生以上(小学生は保護者同伴)
  5. バス定員
    40名(定員になり次第締め切り) ※バスに乗らない方(自家用車利用)も参加可能。峠駐車場に午前9:00までに集合してください。
  6. 参加料
    800円(昼食代 傷害保険料等)
  7. 持ち物
    タオル、雨具、帽子、手袋、敷物等は各自でご用意ください。
  8. 申込方法
    9月10日(金)までに、電話・FAX(電話 0152-73-2211 FAX 0152-77-3005)で美幌観光物産協会に申し込みください。

【主催】
美幌観光物産協会
美幌町新町3丁目 電話 0152-73-2211・FAX 0152-77-3005

【協賛】
東オホーツク美幌あるこう会、北見歩こう会

 【後援】
美幌町、東オホーツクシーニックバイウエイ連携会議、オホーツク圏観光連盟


2008年03月19日

第3回東オホーツクシーニックバイウェイフォトコンテスト入賞作品のお知らせ

春はまだこないのかな・・・身も心も寒いとぼやく事務局から初のブログ更新です(汗)不慣れな点もありますが今後ともよろしくお願いします。初のブログでは3月6日(木)に実施された『第3回東オホーツクシーニックバイウェイフォトコンテスト』の審査で見事入賞した皆さんの発表を致します。入賞者の皆様おめでとうございます。
   【第3回 東オホーツクシーニックバイウェイフォトコンテスト入賞作品】 

画 題

氏 名

住 所

グランプリ

夜明け

横沢 泉

美幌町

準グランプリ

釣り人達の秋

木村 勝

北見市

  〃

頂   照

梶浦利幸

北見市

優秀賞 1

暮色の湖

竹田哲雄

根室市

 〃  2

麗(うるわし)

松井珠江

小清水町

 〃  3

茜空

佐々木貫一

相模原市

 〃  4

夜明けの美

水上光広

旭川市

 〃  5

流氷に浮かぶ

松江 潤

北見市

 〃  6

化荒と流氷原の日の出

吉田茂治

網走市

 〃  7

氷滝に挑む

神部邦一

美幌町

 〃  8

斜里ねぶたの夏絵巻

舛屋武志

網走市

 〃  9

斜里岳朝焼け

林 妙子 

函館市

 〃 10

力  闘

今井雅晴

滝川市

シーニックバイウェイ賞 1

滝雲と残照の羅臼岳

佐々木純市

宮城県

 〃    2

地吹雪

水上光広

旭川市

 〃    3

北の大地

近澤信弘

釧路市

 〃    4

朝の息吹

諸橋隆雄

網走市

網走開発建設部長賞

斜里岳を背にして

愛澤 進

北見市

網走支庁長賞

春をのせて

古平文男

三笠市

清里町長賞

男鹿の滝「初夏の水音」

中西春夫

北見市

ニコン賞

春の白樺

市原利明

北見市

富士フイルム賞

落  陽

水野博光

札幌市

富士フイルムイメージテック賞

凍風渡る

東等和子

釧路市

カルビー賞

裾野を行く

サッポロビール賞

風  乱

末廣ひかり

美幌町

地域賞 美幌

雪花吹雪

緑川誠二

網走市

   〃

対  面

梶浦利幸

北見市

地域賞 大空

春風に乗って

甲斐幸士

武蔵野市

   〃

厳寒の暮色

大場稔康

北見市

地域賞 網走

白鳥の湖

金山康一

北見市

   〃

オホーツクの春

市原利明

北見市

地域賞 小清水

春作業

舛屋武志

網走市

   〃

強風の置き土産

金山康一

北見市

地域賞 斜里

夜空の彩り

藤原正嗣

北見市

   〃

凛   然

木村 勝

北見市

地域賞 清里

おとぎの国

辺見行男

清里町

   〃

裏摩周の秋

佐藤有芳

釧路市


事務局 at 16:42 | PermalinkComments( 0 )TrackBack( 0 )

2007年11月20日

旅人の木 -流氷トラスト運動 -

流氷を守るトラスト運動“「旅人の木」プロジェクトとは?

世界自然遺産知床やラムサール条約登録湿地のトーフツ湖、網走国定公園など、自然豊かな「東オホーツク(美幌町、大空町、網走市、小清水町、清里町、斜里町)」地域ではありますが、近年の流氷の減少にも見られますように、地球温暖化の影響を受けています。

森林は「地球の肺」とも「緑のダム」とも呼ばれ、酸素の供給源として、また、水をためておくダムとして、地球環境に大きな役割を果たしています。植樹により、樹木を増やす活動は、この地域に住む人々の中でも様々に取り組まれていますが、東オホーツク地域での植樹は、樹種にもよりますが主に春季に集中していますから、1年を通して訪れる旅人皆さまには、実際の植樹に参加する機会は殆どありません。

私たちの「旅人の木」は、この地域を訪れる多くの旅人の皆さまに、真冬でも参加してもらえる、また、この事業に賛同し樹木を購入していただける方を募り、東オホーツク地域に樹木を増やし、二酸化炭素の削減、ひいては地球温暖化防止に資することにより、この地域の財産である“流氷を守る”ことを目的としているプロジェクトです。

東オホーツクシーニックバイウェイでは、現在「旅人の木」プロジェクトの来春スタートを目指し準備している最中です。

「旅人の木」に関する情報は、こちらのブログでお知らせ致します。



hosbw at 09:47 | PermalinkComments( 0 )TrackBack( 0 )

2007年11月20日

「大雪原をひとりじめ」のお知らせ!

昨年に引き続き「大雪原をひとりじめ」を実施致します!!

【大雪原をひとりじめ!とは】

誰の足あともない、マッサラな大雪原を、あなただけに!!
知床・東オホーツクの1,000坪が1日使い放題!
雪原の真ん中であなただけの真っ白な世界を感じてください。

観光施設ではないので、たいしたおもてなしは出来ませんが、旅人の皆さんと、わたしたち東オホーツクの地元民が、寒い流氷の季節に、暖かいふれあいのひと時を過ごせることを、心から楽しみにしています。寒くなったら近くの農家などで一休み。暖かい部屋で、温かい飲み物などを用意して待っています 。

【詳細】 

  •  雪原の場所
    知床・東オホーツク(網走市・美幌町・女満別町・東藻琴村・小清水 ・清里町・斜里町)の農家・ファームイン等です。雪原の場所は、全て東オホーツク・シーニックバイウエイルート上に在ります。
  • 料金
    3人まで4,000円、一人追加ごとに1,500円プラス(小学生以下無料)
  • 人数
    1雪原最大7人までです。(団体での申し込みはご遠慮します)
  • 期間
    2月の1ヶ月間だけの期間限定です。(ベストコンディション!!)
  • ご準備
    スキーウエアーなど防寒具一式、着替えは原則各自で用意ください。
    防寒具が無い方はご相談に応じます。もちろん着替え場所やトイレは完備
  • お申込み・お問合わせ
    東オホーツクシーニックバイウェイ連携会議(お問合わせフォーム)

 皆さまのご参加をお持ちしています!


hosbw at 09:34 | PermalinkComments( 0 )TrackBack( 0 )

2007年10月06日

サンゴ草シーズン終了!

9月初めから多くの観光客の皆さまを楽しませた日本一のサンゴ草群落地「能取湖のサンゴ草」ですが、フィナーレを迎えたようです。

フィナーレを迎える前にお伝えするべきところでしたが、残念ながらこのブログの準備が間に合いませんでした。とても残念です!泣く\

シーズン中、サンゴ草群落地目前に宿を構える「かがり屋」様では、毎日ブログにより情報をお伝えしていたようなので、ご覧になるとサンゴ草への理解が少し深まるかも知れません。下の動画は、サンゴ草の1日と題した4535枚の静止画を繋げた動画です。サンゴ草に興味のある方は、かがり屋ブログ


hosbw at 10:02 | PermalinkComments( 0 )TrackBack( 0 )

2007年10月05日

ブログ開設!

8月20日に創刊されました、「東オホーツクシーニックバイウェイかわらばん」のWeb版といたしましてブログを開設致しました。

「かわらばん」は登録活動団体様の活動を広く知って頂くための情報誌となることを目標に、定期的に発行していきたいと思います。ぜひ、活動団体、各関係機関の皆様からの様々な情報をお寄せ下さい。また、窓口などをお持ちで「かわらばん」を置いて頂ける方は、当サポートセンターまでご連絡をお待ちしております。

ブログでは、 タイムリーに情報をお届け致します。ご期待下さい!

このブログを運営するNPO東オホーツクシーニックバイウェイ サポートセンターは、 道の駅メルヘンの丘めまんべつにあります。


hosbw at 10:45 | PermalinkComments( 0 )TrackBack( 0 )